ひげ脱毛

レーザーの出力の違い

ひげ脱毛

ひげ脱毛を行っている主なところは、エステティックサロン(エステサロン)、病院やクリニックなどの美容外科、皮膚科などで受けることができます。

中でも、永久脱毛を希望する人にはレーザー脱毛が人気です。
ただし、レーザー脱毛の場合、レーザーの種類に違いがあることはご存じでしょうか?

 

その違いは、美容外科と皮膚科が行うのは医療機関専用の機器でレーザー脱毛を行うところです。
エステティックサロンでは使用できない、医療機関でのみ使用できるレーザー機器は、エステティックサロンに比べると高出力で照射できるため、毛根や毛乳頭の細胞を完全に破壊することができます。
実は、エスティックサロンでは毛根を毛乳頭ごと破壊できるほどレーザーの出力はありません。毛根や毛乳頭を破壊する行為は医療行為にあたるため、医療機関でしかできないからです。
つまり、エステティックサロンでレーザー脱毛による毛根と毛乳頭の破壊を行えば、違法行為にあたります。もし、エスティックサロンでのレーザー脱毛をお考えの方は注意しましょう。

 

現実問題、今までにもエステティックサロンでレーザー脱毛による医師法違反により、逮捕されている例もいくつかあります。
レーザー脱毛では、皮膚に炎症を起こすこともあるため、トラブルに発展することもあります。契約の際には事前によく理解し、注意する必要がありますね。
最近、エスティックサロンでは、有罪判決などの裁判が行われた背景もあり、レーザー脱毛を行っているところは現象傾向にあります。

 

そのため、レーザー脱毛を行うには、医療機関が最適です。ただし、医療機関であっても、レーザー脱毛による炎症や火傷が全くないわけではありません。
レーザー脱毛を行う場合には、炎症や火傷などの問題が生じた際に、どのように対処してもらえるのか、またメリットとデメリットの両方をきちんと説明してもらいましょう。

 

例えば、注意したいのは肌の色や毛の色です。
肌が焼けている人や色黒の人は、レーザー光が黒色に反応してしまい、毛根どころか皮膚そのものを焼いてしまうことがあります。
そして、毛の色素が薄く金髪のような薄い色の場合、レーザーが反応せず、脱毛の効果を得ることができません。
他にも、色だけでなく毛の状態でも脱毛効果は左右されます。
比較的に太くて硬いひげのような毛は、レーザーを照射する時間が長くなってしまいます。

 

ひげなどの脱毛を行う場合は、事前に不安な点、問題が起こった際にもきちんと対応してくれるのかを尋ねる必要があります。
脱毛をしたくても焦らずに、確認をとったうえで契約をしましょう。